世の中のスポーツは大きく二つのくくりで分けることができます。

一つは個人スポーツ。

パッと思いつくのは陸上、水泳、体操、柔道、剣道、弓道、テニス、卓球、バトミントンあたりでしょうか?

厳密に言うと、リレーとかダブルス、団体戦があるので俗に個人スポーツと呼ばれているものにも団体要素はありますが、個人でも試合に臨めるものは個人スポーツとしてくくっておきます。

もう一つはチームスポーツ。

サッカー、野球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、水球、ラグビーとかでしょうか?意外と少ないですね。

もう少し考えてみると高校でやってる人はすくなそうですが、

アメフト、チアリーディング、フットサル、ラクロス、ホッケーとかもあります。

個人スポーツとチームスポーツの違いは、普通に考えたら仲間と協力してプレーする必要があることですが、サッカーを幼稚園生から高校まで続けて、大学からはフットサルをやっている僕がこの2種類のスポーツの一番の違いについに真剣に考えたら

”試合に出場できずに競技することができない選手がいる”

ことが最もこの2種類のスポーツの本質的な違いであると感じました。

で、試合に出れない選手がいるということは、チームスポーツの負の側面でもあり面白さでもあると思います。選手一人一人はチームの構成員として、ライバルのチームと競うだけではなく、チームメイトとも競うわけです。

そして、その駆け引きがチーム全体のチームワークに正の影響も負の影響も及ぼし、試合の勝敗を決めるわけです。個人スポーツでは決して味わえない複雑さと奥深さがあると思います。

といっても、僕がこういうふうに思うようになったのは大学に入ってチームの運営をし始めてからで、高校までは試合に出れないことは死活問題でした。

振り返ると、25年の人生の中で15年以上ボールを蹴ってますが、試合に出ていたのはそのうち半分ぐらいで、半分はベンチから試合を眺めていました。

まぁ、中高の部活だと下級生は試合に出れないのは当然ですが、不思議と記憶に残っているのは試合に出れずに足掻いていて時期ばっかりなんですよね。逆にずっと出ていた時期は印象になくて、確かに一試合一試合のことは出場していた時期の方がおぼえているんですけど、その時どんなことを思ってサッカーに向き合ってたとか、どんな工夫を練習でしていたとかそういうことは圧倒的に試合に出てない時期の方がおぼえてる。

で、今現在そういう状況に置かれている人って結構いると思うんです。小学生でも中学生でも高校生でも。部活かクラブチームかで違いはあると思いますが、サッカーでも、野球でも、バスケでも実際はトップチームの試合に出れてない人の方が多いのではないでしょうか。

そういう人は、とにかく今を耐え忍ぶという感じだと思います。僕はそうでした。

でも、今の努力を無駄にしないために一回立ち止まって今の状況を整理してほしいのです。

ということで、今現在試合に出れない選手の方、あと、そういう状況の選手の保護者や指導者の方に向けて、試合い出れないときに、試合に出るため、そしてほかの可能性を模索するために、そして苦しまないために考えてほしいことをまとめます。(逆にただ盲目的に耐え忍んで思考を停止させることだけは避けるべきという意味です)

 

 

まず前提ととして、

あなたの試合に出れない一番の原因は運がないから、自分を責めないでほしい

 

絶対に自分を卑屈に思わないでください。

僕の母親はよく、試合に出れない僕に自分の学生時代と比較して「あんたは意気地がないから試合に出れないのよ」とか、「根性がないから、だめなのよ」といい続けてきました。

でも高校生ぐらいからうすうす気づいてきましたが、大人になってから改めて考えると母親の言ってたことは完全に間違いです。

僕がたびたび出場機会に恵まれなかったのは、運が悪かったせいです。巡り合わせの問題。

小中高と所属していたチームのレベルが自分で選んだわけでもないのに高すぎただけでした。小学校では一度県大会優勝しましたし、中学でも県大会常連でベスト16ぐらいまでは上がっていました。高校も運悪く強いチームに所属してしまい、一度県大会ベスト4まで残ったことがあります。

で、中学ではちゃんと試合に出てましたが、高校では出れなくなったことを考えると、僕は単純に県大会に出れるぐらいのチームでは通用するけど、県大会上位校では通用しないぐらいのレベル選手ということになります。

県大会出場できないチームの方が多いわけですから、僕はそこら辺の選手よりは上手いのかもしれません。でもベンチから試合を眺めていました。大学に入ってからは結構いろいろな人とプレーしましたが、ランダムにいろんな人とチームを組んで自分のレベル感がそこそこだということを実感しました。

逆に、母親はサッカーと比べるとマイナーなスポーツをやっていて、活躍してたらしいですけど、そんなに強いチームでやっていたわけではないようです。運動神経も精神力も、部活にかけるウェイトも大して変わらない親子なので、プレーに差があったとは思えません。まぁ競技が違うので比較できませんけどね。

それでも、僕の母親は毎週のように僕を罵倒し続けました。いまでも何か失敗するとサッカーの話を持ち出して、お前はあの時から意気地がないから今もダメなんだと謎の根性論を展開してきます。

さて、僕がうっかり強豪校(ってわけでもない笑)に来てしまったのは本当にただただ運が悪かっただけで、全く高校でサッカーを頑張ろうという気概はありませんでした。むしろ、サッカーはそんなに頑張りたくないから、あまりサッカー部が強いかどうかは気にせず近所の進学校に進学したのですが、サッカーは続けたかったのでサッカー部に入ってみると最初のインターハイの県予選で準決勝まで進んでしまい絶望したことをよく覚えています。

これが、頑張りたくて強豪校に入った人だったら、もっと試合に出れないことが絶望的に感じると思います。

でも、チームのレベル感が上がれば上がるほど出場できない人は増えるのです。ただでさえ、チームに求められているレベルが高いのに、集まってくる選手が多いわけですから。冷静に考えればわかりますよね。

しかも、そういう実力社会の世界ではチームに貢献できるうまい選手ほど人間的に偉いという風になりがちです。逆に試合で貢献できない選手は肩身が狭いと思います。僕はよく試合に出れないことで、自分の存在意義がなくなってしまうような感覚がしていました。

選手権や甲子園で活躍した選手だって大学で活躍できないという人はたくさんいます。プロチームに入ればそのほとんどの選手は当たり前ですが、試合に出れないわけです。

Jリーグの運営会社の人とバイトでかかわる機会が多かったのでそのことはひしひしと感じました。ひとチームに選手契約している選手は25人ですが、サブのメンバーや下部組織を含めると数十人選手がいて、その中で、チームの勝利や売り上げに貢献しているのはわずか数人のわけです。チームの中でだれが貢献しているとみなされているのかは物販に並ぶグッズを見れば一目瞭然です。

いま、チームに貢献できないという事実もやっぱりめぐりあわせでそうなったのだと思います。監督や戦術が代われば今試合に出ているメンバー確実にガラッと変わるだろうし、もしあなたがもう少し低いレベルのチームにいれば試合に出れる可能性は高いはずです。

今所属しているチームが決して強いわけではないけど、試合に出れないという人も自分がほかのメンバーよりも何か悪いところがあるわけじゃないです。いま試合に出ているメンバーだって、他のチームでやっていけるとは限らないですからね。たまたま彼らはそこにいたから通用したわけです。だから、競技の上手さで人の価値が決まるわけないんです。

よく、自分は何をやってもダメなのかもしれないと感じる人がいますが(自分がそうでした)、全くそういうことはありません。たまたま今の環境で今取り組んでいることがうまくいかないだけです。何度も言うように人には向き不向きがあります。逆に何でもできる人なんていないわけです。

 

やめる・チームを変える・競技を変えるのも一つの手

 

日本の体育会の世界では続けることを良しとしてしいます。

確かに、”続けること”は何よりも僕もおもうんですよね。みんながたどり着けなかったところにたどり着いた人って、必ずあきらめずに続けた人だし、成長速度が遅くても続けさえいれば前に進むことができます。

ただ、学生という時期に貴重な時間や精神的リソースを何に費やすかはめちゃめちゃ重要なんですよね。

何かに打ち込んで結果を出しつつ、努力することの大切さや何かを達成する喜びを学ぶことも必要なんですけど、部活や所属クラブを卒業してからの人生を考えると、何に対してどのくらいのリソースを割くのか、微妙なバランス感覚が大事になってくるんですよね。

というのも、高校までは勉強と部活の2つのテーマに対して自分の力を注げばよくて、別に勉強だけしてても誰にも文句言われないし、年中部活に打ち込んでも評価されるわけです。

でも、そのあと人生は公私ともにあらゆることに対して自分の時間や体力、精神力を注ぎ込んで合格点をとり続けなきゃならない。

例えば自分の大学時代の話をすると、実験課題やテスト勉強を抱えながら、毎週フットサルのリーグ戦をこなして、週にバイト先でを十時間働いてました。実験レポートを仕上げるのに毎週徹夜しつつ、翌日バイト先で店頭に立つのがきつかったですね。

研究室に入ったら毎週ゼミで先生に怒られつつ、平日は学会や発表のためにデータをとって休日はバイトみたいな感じです。そんでもって、定期的な飲み会の感じをしつつ、海外旅行の計画を立てる的な・・・。

就職したら職場での人間関係もあるし、家族など新しい概念も入ってもっと話が複雑になりますね。

そこで痛感するのは人間が物事にかけられるリソースは有限だってこと。で、重要なことはそのリソースをどう配分するかなんです。

もちろん、何かに没頭できる中高生のうちに没頭しとくのは一つの手ですが、僕が昔の自分に言いたいことは、世界はそんなに狭くないってことです。

中高生の部活社会っていい意味でも悪い意味でも世界が狭いのでここがすべてだって思ってしまいがちです。

さっき僕が書いたように人間が達成できる結果っ環境によるところが大きいので、もし出口のない世界を延々と回り続けたら、運よく環境が変わるまで自分を変えることはできないわけです。

自分を縛る要因を考えてください。少なくとも現状に納得していないならそうするべきです。

それは学校かもしれないし、教育制度かもしれない、まぁありがちなのは先生、指導者、そして親ですが、結局一番自分をしばっているのは自分自身じゃないですか?

世界を変えるって言っても方法はいろいろあって、例えばその競技、スキルを学ぶ方法を変えるとか・・・。

所属チームを変えてみるのは一つの手です。自分の年齢でそれができる環境って案外ほかにもあったりします。

週に一回だけ練習場所を変えてみるのもありかも。(サッカーやフットサルに限った話ですが、週に1回程度大人の競技者が千円程度払って不特定多数のメンバーで練習する環境があります。年齢制限はありますがめっちゃ刺激をもらえると思います)

ただ日本の部活文化の悪いところですが、学校とチームが紐づけられていて環境を変えることが極端に難しい場合がほとんどです。

その場合は学ぶ対象を変えるというのもあります。今の監督やコーチが自分に合ってるとは限らないです。例えば指導者向けの雑誌を読むのもありですし、いまはネットに映像がいっぱい転がってます。

で、リソースをかける対象を変えることも絶対検討してください。競技を変えるのも立派な挑戦です。競技を変えて大成した選手もいっぱいいますしね。

いきなり変えてしまうのは気が引ける人は、とりあえずいまやってることを続けたまま他のことを初めて見るというのもありかもしれないです。

僕が高校生の時、サッカー部のメンバーが地元のバンドでギターをは初めて、しばらく両方頑張ってましたが3年生の時バンドに集中するからとサッカー部をやめるということがありました。

その時は、残念に思いましたし、とめましたが、そいつは大学時代もバンドを続けていました。今はバンドだけは食べていけないらしいですが、saidというバンドでライブをやっていて、彼の判断は正しかったと思ってます。

まぁ、あの時の僕にはサッカーをやることが正義でほかの可能性なんて考えられなかったんですよね。だから、あの時彼を否定してしまいましたが、今となってはサッカーをやるということがどうでもよく思えます。

何をやるかはどうでもよくて、大切なことはそのことに打ち込めるか、楽しめるかちうことなんですよね。むしろ、そのあとのことを考えると、力の配分のバランス感覚とか、打ち込みべき対象の見つけ方とか、そういうことです。

 

 

余力があるなら、逃げるのではなく勇気のいる方を選んでほしい。

 

もちろん、部活やクラブ、趣味に打ち込むのはやめて勉強に専念しようと考えるのは有効な手です。それに、遅かれ早かれ多くに人はその選択をするので早めに勉強に専念すれば、その後の人生にアドバンテージを得ることができます。

それに、たいそうなことをしなくても単純にプライベートを充実させるのもアリだと思います。

でも、この記事をここまで読んでくれた方は、おそらくどんな決断をするとしても悩むのではないでしょうか。そして、悩み続けるでしょう。

こんな長い記事になってしまいましたが、最後に一つだけ書いておきたいことがあるのですが、それは

選択肢で悩んだら、選ぶのに勇気がいる方を選んでほしいです。

それが、今いる世界に残ることだったら残ってほしいし、今いる世界から飛び出してほしい。

そのほうが後々の後悔は少ないです。

まぁ、これは完全にどっちを選ぶべきかわからないときの話で、普通は自分の意志に従うことを最優先に考えてください。

あと、精神的に肉体的に健康を害する可能性のある方には進まないでください。学生は体と心が資本です。ケガや病気は後々に大きく響きます。

 

 

それでは。