現役大学院生が書く大学生向け情報。就活、受験、技術など(ぴからぼ)

月別: 2019年6月

記事一覧

昔はよかったって言いたくないけど、iPhone SEは最高のスマホだと思う。

いつの時代も、昔はよかったという人がいます。 まぁ、しょうがないです。その人にとってはその時が一番よかったんでしょう。 ただ、変化を拒絶しているようで、あんまりそういうこと言いたいくなですよね。常に未来志向でいたい! そんなリベラルな自分も昔はよかったなって思わず思ってしまうことがあります。それは、スマートフォンです。さらに言うとiPhone。 自分がスマホを初めて使いだしたのは、今からちょうど1……

今修士2年の6月だけど、やっぱりどういう形でもいいから論文を出したいと思った

今回はただの大学院生の日記です。 このブログを読んでくれている人は察していると思いますが、自分は大学院生、そして研究者として業績はあんまりありません。 前の研究室で学会に出たことはありますが、毎年研究誌で行ってる学会に数合わせで出たみたいな感じで、ちゃんと研究してはいたけど自分で成果を出して世の中に認められたという経験がないんです。 まぁ、日本の修士の学生はそんなに頻繁に論文出したり、学会行ったり……

numpyはマルチコアによる並列処理に対応しているか?

この間Cupyを試しました。結果は確かに早いけど、行列の大きさがそこそこ大きくないとメリットがそんななくて、自分の環境だとあまり利用価値がないなという結論に行きつきました。 現行の環境ではCPUは16コアのxeonで道GPUじゃなくてCPUの性能を活かす方向に頑張ろうと思います。(逆にこのPCのGPUは2GBしかメモリがないので大きな行列を計算させるとモニター出力が落ちます) で、そもそもこんなに……

店舗スタッフから見たスマレジの評判は?

この記事は、クラウドPOSレジを利用しているスタッフ(レジ登録者)からのスマレジの評判です。(他サービスとの比較はありません) バイトでイベント会場のグッズ販売(物販)をやってます。 そこでクラウドPOSシステムのスマレジを使っているんので、店舗のスタッフが感じるスマレジについて思うことを書きたいと思います。 ちなみに、僕は2年間スーパーマーケットでレジを打った経験もあるので、POSを使用したレジ……

ホワイトなことは楽したい人にはデメリット!?人が誰もいない研究室から卒業するのは実は大変

ホワイトだったり、放任だったりする研究室はあんまり頑張りたくない人に人気ですが、もしかすると卒業するのが大変かもしれないからそういう人は普通の面倒見のいいところに行った方がいいよという話 修士から所属している研究室は自分のやりたいテーマで研究を進めさせてもらっているので、毎日好き勝手に研究しています。 ちなみに、そのテーマは就職したい業界に関係あること(AI関連)に決めたので、実際就活ではすごく企……

エンジニアはなぜ必要のないものを作ってしまうのか?

エンジニアを志す自分への戒め 海外のメーカーS社が発売した新作のスマホを見て”んんっ”って思ってしまいました。 基本、僕は海外メーカだと今何かと話題のH社の製品が好きなので、S社の製品は買わないのですが、いままでわりと斬新な製品を出すというイメージでした。 しかし、web広告上のその新作スマホのキャッチコピーは「スマホどうしを重ねて、バッテリーを分けあえる!」でなんだかなー……

大学生になったらボランティアをやったほうがいい3つの理由

就活をしていると面接で逆質問する時間があって、面接官に会社のことを聞くことができます。 これが結構恐ろしい時間で、もしも”とんちんかんな”ことを聞いたら、聞く力が欠如しているってなって即落とされます。 それなんで、あらかじめどんなことを聞くか考えてから面接に臨むんですけど、僕は必ずする質問がありました。 それは、 もしも、あなたが自分のような大学院時代に戻れるとしたら何をし……

[解決方法]BS映らないのにNHKに衛星放送契約にされたので戻してもらった話

住んでるアパートに、衛星放送のアンテナも分波器もないのに衛星契約に切り替えられてしまい、結局NHKの人にBSが映らないことを証明してお金を返してもらった経験をまとめます。 12月の中旬ごろNHKから受信料取り立てのお兄さんがやってきました。 ちゃんと払ってるんだけどなーーと思いつつ玄関を開けてみると、 「このアパートでも衛星放送が見れるようになったから衛星放送契約に切り替えくれ」 とのこと。 むむ……

月間一万pv達成の報告と今後の抱負

最近夜になると目が疲れてヤバいです。 目を使わない仕事をしたいと思うんですけど、抱えているもの全部目を酷使することが仮なんですよね。趣味も笑 とりあえず、就活は終わったんですが、夏は学会続きだし、バイトとして大学でやってるメディア運営も頑張りたいし、英語も勉強したいし、資格とりたいし、ブログ書きたい。目が疲れる。 就活疲れは癒えたので、これから頑張っていこうと思います。 で、報告なのですが、タイト……

就活生のエセ・ビジネストークが嫌いです

就活をしていると、同年代の人間の話をよく聞きます。 聞く力も企業が求める就活生の能力の一つです。社員ではないですが、就活生から情報を引き出すのも必要なことですし、いずれ同僚になる人がその中にいるので、その会社を受けているほかの人たちも会社選びの一つの観点かもしれません。 自分は、結構ほかの就活生と話すのが楽しいと思っていました。単科大にいると就活で出会うことができる文系含めた様々なバックボーンをも……

大学院変更、研究室変更経験は就活に不利か

学部から修士に進学時に研究室変更(通称、転室活動)をしました。 今の研究室にはほんと満足していて、無理をしてでも研究室を変更してよかったと思っているのですが、ひとつ気になっていることがありました。 それは、”研究室変更(転室)すると就職に不利にならないのか”ということ。 ずっと、不安だったんですよね。転室時は先生と相当もめて、学科の他の先生を巻き込んで大騒動になったのですが……

実験レポートで過去レポのコピペがばれても留年を回避する方法

先日、半年以上話していない後輩から電話が来ました。 「先輩の過去レポを写したら、図表をコピペしたのがばれて、今期の単位が全部なくなりそう・・・」 自分の書いたレポートはドロップボックスに入れてURLで共有できるようにしてるんですが、ついにコピペが先生にばれたやつが現れました。 過去レポの図表をパクっただけで、今まで取った単位をとられることもないし、実験の授業を落とすこともありません。 そんなことし……

電話がうざい・・・ リクナビ就職エージェントを半年間使ってみて

就活を進めているといろんな就活サービスを目にします。 一切、就職サービス(大学の支援サービスも含めて)を利用しないで、直接企業と直接やり取りするだけでも普通に就活を進めることができます。最近はどこの企業も、独自の就活サイトを持ってるので、行きたい会社の就職サイトにマイページを作っておくことが内定への一番の近道です。 それでも、就活サイトもうまく利用すれば効率的に就活を進められるのも事実です。特に、……

学生室の大きさは大きい方がいい!? 学生が積極的に参加する研究室とは

修士2年になりましたが、研究室運営についていろいろ考えることが多くなりました。 自分はいろいろあって修士進学時代に研究室を変えていて、いまの研究室に移る前に普通の研究室とは何なのか知るために、いろいろな研究室の飲み会に参加したり、勝手に押しかけて行ったりしていました。 また、変更直前にも研究室見学をやり直していています。そのとき感じたのですが、学部3年の時には気にならなかったことがいろいろ気になり……

就活終わりたてほやほやが予測する、経団連6月ルール解禁後の就活の流れ

後輩から、就活の1年間の流れについて聞かれるのですが、正直どう答えていいのかわからないんですよね。 僕は数年続いた、経団連の6月解禁ルールが適応された最後の学年だったので、自分の時は先輩の話を聞けばだいたい流れをつかめました。ただ、下の代は経団連の面接時期の制限そのものがなくなるんですよね。 人事の人に来年どうするのか聞いたことがあるのですが、企業の人事の人もどうしようというのが本音だと思うんです……

AI-ニューラルネットワークでなぜ動くのか?!”ゼロから作るDeep Learning”はAIを手作業で作りながら理解できる本

脳科学の研究室でニューラルネットワークを書いている大学院生です。 今はそんなにがっつりAIをやっているわけでもないけれど、研究的にフルスクラッチで教師ありの学習を行えるネットワークをコーディングしなくてはいけないので、AIに関する基礎的なアルゴリズムはまあまあわかっているつもりだったりします。 で、いろいろな文献に手を出した僕が、ニューラルネットワークの原理を理解するのに圧倒的に役立った本がありま……