週末にインフルエンザにかかり、本当は今週の火曜日から行くはずだったインターンを2日休むことになりました。

今年は就活だからと思って予防接種を受けといたんですがやっぱりかかっちゃいましたね。

思えば、大事な年だからといって予防接種を受けた年は必ずインフルエンザにかかってます。

高校受験の年も、大学受験の年も、浪人の時も就活も。

そんなに病弱ってわけじゃないし、どうでもいい年は一切かからなにのに予防接種を受けた年だけインフルエンザにかかります。

で、なんでそうなるのか、なんとなくこうじゃないのかって思ったことがあるのです!

ってなんの根拠もない経験談なんですけど、納得してもらえるような気はするんですよね。

 

 

大変な年だからインフルエンザにかかる

 

まぁ、当たり前のことを言おうとしてるんですけど、予防接種を受けると知って何か大切なことが控えてる年ですよね。

大切なことって、だいたい受験とか受験とか受験とか大変なことのわけです。

やっぱり大変な時期って精神的なストレスも多いですし、そのことを乗り越えるために多かれ少なかれ睡眠時間も削れるわけです。

ついでに、移動することも増える。

となると免疫も落ちるし、ウイルス触れる機会も増えます。

でインフルエンザにかかるというわけです。

予防接種をしてもあまり発症のリスクは下がらないって聞きますしね。

症状が軽くなってるかはわかりません。予防接種してない年にインフルエンザに罹ったことないんで。

結構自分では納得してます。無理はできないってことですね。

し、頑張ってパフォーマンスを上げようとしてもリスクは伴うってことです。しょうがない。

ただ、本番を棒にすることにはならないようにしたいです。

今回のインターンは大手中の大手ってところで、しかも2週間いけることになってたんで、全部行きたかったんですけど残念です。まぁ本選考じゃなくてよかったと思うことにします。

 

 

それでは。