山小屋に一泊(休憩?)して富士山に登ってきたのでそのことについて書きます.

結論から言うと、若ければ弾丸でも普通に登れます。

 

寒い.とにかく寒い

 

山頂でご来光を待っているとき考えていたことは一つです。

もう何でもいいから家に帰って早くシャワーを浴びたい!

富士山を登っているときはそこそこの運動になるので暑くなります.汗が額から流れるくらい.インナーはびっしょりとはいきませんが結構濡れます.

でも一度立ち止まれば急に体が冷えます.シーズン中は気温が氷点下に行くことはないですが,風が本当に強いし山なので急に雨が降り出します.そうなると寒さ対策していても寒くてどうしようもなかったです.

最悪だったのは,ご来光を見るのが目的だったのに山頂に日の出の3時間前に着いてしまったことです.3時間障害物が何もない山頂で風と雨に耐えながら凍え続けました.

正直,富士登山を買いかぶりすぎたのだと思います.所要時間は体力のない大人の人がかける時間であって大学生ならあっという間に登れます.

日本一高い山ですが,

5合目まではバスで快適に行けるし,

登山道はしっかり整備されているし,

トイレは1,2km歩けばあるし,

めちゃ値段高いですが,吉田ルートだけでも15か所以上ある山小屋でカップラーメンもポテチもアイスも買えます.

ドン引きしましたが,富士山の山小屋ってホントに都内のコンビニみたいに密集していて、サバイバル感はゼロです.登り切っても何の達成感も得られません.

登るという行為自体は本当に大したことなかったです.サッカーとかバスケットのようなスポーツの試合とどっちがつかれるかといえば,確実にスポーツの試合です.確実に90分間サッカーの試合に出るほうが疲れます.

 

高山病だけならなければいい

 

周りを見渡してみれば高齢者のツアー客ばかりです.ゆっくり歩いたほうが疲れるのにやたらゆっくり歩きます.途中一人しか歩けない箇所が何か所かあってそこで大渋滞です.

よぼよぼのおじいちゃん,おばあちゃんでもできるんですから大学生が普通に登ったら登れないわけないんですよね.

でも,怖いのは高山病.僕も7合目で頭が痛くなりました.とりあえず休んだら治りました.友人からもらって救心を飲んだのですがそれからそういった症状はなくなったので,あれは効くのかもしれませんね.登山部の方でも持参する人がいるとか.

ということで,やばそうだったら休むことが重要だと思います.あと,一緒に登った人が山小屋で寝たら気持ち悪くなった人がいたので寝るときは気を付けましょう.睡眠時でも呼吸数を落とさないようにすることが重要みたいですが,いきなりそんなことできないので寝ない方がいいと思います.僕は寝れなかったのが逆に良かったのかも,

 

とにかく寒さ対策は忘れずに

 

まずは,寒さ対策.マウンテンパーカーだけじゃ絶対寒いです.風と雨をシャットアウトできる合羽のようなものが必要ですね.コンビニで売ってる500の合羽も戦力になると思いますが,できれば”つなぎ”みたいな上と下をくっつけられるものがあるといいともいます.

小さめなビニールシートや避難用のエマージェンシーシートもあると役に立つと思います.ちょっとかさばりますが,富士登山でほかに必要なものは着替えと水くらいなので全然持っていけると思います.

もっと簡単に済ませたいとしてはゴミ袋に穴をあけてカッパを作るのもありかもしれません. とにかく風を通さなければいいんです.

ただ, 尋常じゃない風が吹くので補強と隙間を埋めるためにガムテープを持って行ったほうがいいですね. (見た目はよくないな笑)

防寒をだけしっかりしておけば弾丸でも富士山は登れます.むしろ山小屋に泊まるメリットを感じませんでした.

でも,体調が悪くなったらとりあえず休むことが大切です.富士山には寝るのにちょうどよさそうな岩はごろごろ転がっているので暖かいかっこうをしていればどこでも休むことができます.

途中で, 寝っ転がるのにちょうどいい岩を見つけて仰向けになったのですが. 星空がきれいで感動しました. 富士山に行って唯一よかったと思えることです. なんか, 空が広い. いつもより大きく星が広がってる様子を見ていると, 自分が宇宙にいるような感覚になりました.

感動しすぎて眠くなりました. あの時は雨も降ってなかったし風もなかったのでしばらく寝てればよかったかもしれません.

山頂にも山小屋はありますが, 同じように暖を取りたい人でごった返すので中にはそんなにいられないです.

余談ですが, みんな20分くらいで席を空けるなか, 自衛隊らしき軍服, 軍靴の4人グループがずーと一つのテーブルを占領していてひきました. どうしても我慢できなくてもう一度並びなおして店に入っですが, まだいましたね.

まぁとにかく, 早く山頂につきすぎないようにするのが重要です. 富士山を買いかぶってはだめです.

もしもご来光に間に合わなかったらそこから日の出を眺めればいいんです.富士山から眺めた朝日も8合目から眺めた朝日もそこら辺の海岸から眺めた朝日もたいして変わりません.むしろ, 確実に山頂はガスってるので下から見たほうがいいです.

僕は結局,富士山を登る意味を見出せませんでした.人はディズニーランド並みにいっぱいいるし,眺めは変化しなくてつまらないし,山小屋は多すぎてコンビニみたいだし,ついでに山小屋の人たちはめちゃ不親切で冷たいし.なんか,上京して初めて新宿に来た時に感じた不快感みたいのを感じてしまいました.ここは新宿駅か!って(わかりにくいですよね笑).

といっても一度は登ってみたい富士山.防寒をしっかりして気軽に登ろうというお話でした.

 

それでは.